welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.05.17(Sat)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 先ずは、こちらの記事からどうぞ──345


 芸能評論家の肥留間正明氏は、辛口のコメントでネットでも人気が高い。夕刊紙のコラムでも、テレビ業界、芸能界のホットな話題を縦横無尽に斬っている。そんな肥留間氏に、テレビはどうしてダメになったのか、を語ってもらった。

テレビ局は制作せずピンハネ
――
ネットでは、日本テレビ系のドラマ「ごくせん」第3シリーズが初回視聴率26.4%に達しただけで騒いでいます。そんなに、テレビが面白くなくなったのですか。

肥留間: 面白いコンテンツがなくなって、テレビ離れが進んでいます。テレビを一番ダメにしたのが、バラエティ番組です。

吉本興業が東京進出を果たし、さんまや紳助、今田が自分の番組を持つようになって、関西のお笑いが定着しました。(1)その結果、吉本の影響をモロに受けている東京のテレビ局のバラエティ番組は、どう見ても、大阪でやっていた番組作りなんですね。大阪のバラエティ番組は、お金がないので、後ろで笑う観客と関西のお笑いタレントを集めて、番組を作っていました。つまり、お茶の間の井戸端会議版を東京に連れてきた(2)ということです。

今バラエティ番組に出ているお笑いタレントは、芸人ではなくひな壇タレント。例えば、「行列のできる法律相談所」なんかがそうです。若い人に向けて番組を作っていますが、陳腐な光景でみな飽き飽きしてしまったんですよ。

――なぜ、そんな安請け合いのような番組作りになってしまったのですか。

肥留間 :テレビ局の社員に番組を作るノウハウがなくなってしまったからですよ。例えば、5000万円で1時間ドラマを作るとすると、テレビ局が2000万円を抜いて下請けに出す。さらに下請けが2000万を抜いて、結局孫請けが残りの1000万で番組を作る。そんなピンハネで、いい番組ができますか。だから、関西テレビの捏造番組のような例が出てくるんですよ。傘下にトンネル会社や孫請けがある今の官僚システムと同じです。孫請け会社のスタッフが年収200万円では、靴下も買えない。「ユニクロ、そんないいもの着ているのか」とスタッフ間で話題になった、という話すらあります。

――それで、番組が面白くなくなって視聴率が下がると、スポンサーもつかなくなる。こういう悪循環になるんですね。

肥留間 :スポンサーも楽ではないので、数字が出ないとつきません。昔はテレビ局にCMの依頼が多く、「もう入らないよ」と依頼を断っていました。今は、テレビ局の系列会社の社長自らが、スポンサーにお願い行脚をしています。時々、テレビで自局の番組の宣伝をしているCMを見ますが、これは番組のスポット広告が埋まらないからですよ。(3)

視聴率は、5年前までは20%が合格ラインだった。それが15%になり今や12%になってしまって、2ケタだったらいいというプロデューサーすらいます。ごくせんの26%というのは奇跡に近いんです。それで、ジャニーズタレントのような人気者を引っ張ってきて、安易な番組作りをやってしまう。ますます、テレビ局は芸能プロダクションや制作会社の言いなりになる。せめて面白いのは朝のワイドショーぐらいですが、それにしてもテリー伊藤やデーブ・スペクターといった金太郎飴のような同じコメンテーターばかりですよ。
スポンサーが強い芸能プロと組む。(4)

――落ち目のテレビ業界に対して、芸能界はどうなんでしょうか。

肥留間: 原油産油国と同じで、テレビ局に対して、芸能プロダクションの力が相対的に強くなっています。キムタクのジャニーズや上戸彩のオスカープロモーションは、やはり影響力があります。ジャニーズタレントは、子どものころから踊りや歌を鍛えているので、歌や踊りは、ぽっと出のタレントよりよほどうまい。クオリティが高いのですよ。吉本学校では芸人を育てており、オスカーではモデルが集まっている、といったようにますますタレント供給源として力をつけています。

昔は、テレビ局が新日鉄だとすると芸能プロとは町工場ぐらいの差があり、局側は、タレントを自由に選べました。しかし、今は、大家に比べて店子が強くなっています。映画配給会社のように、テレビ局は、コンテンツを流すだけの会社(5)になってしまったんです。

――ただ、ジャニーズ事務所は最近、影響力の低下をささやかれています。

肥留間: 芸能プロというのは、基本的に一代限りで終わる仕事です。そして、新たな違う勢力が出てきます。産油国ではありますが、群雄割拠しているということだと思います。

タレントを育てずに、引き抜いてばかりいるところは、いつまでもタレントを供給できない。当然、影響力は落ちます。強くなるのは無理ですね。

――とすると、大企業などのスポンサーもそちらの方を向くようになりますね。

肥留間: 実際、スポンサーが芸能プロや制作会社と組む(6)ケースも見られるようになっています。そこに直接お金を流すわけです。

例えば、「水戸黄門」は、スポンサーが直接、制作会社とともに番組を作り、TBSが流しています。著作権は、制作会社が持っているようです。

将来的にみれば、例えば、「ごくせん」といった人気番組は、制作会社や芸能プロがスポンサーと直接番組作りをすることも考えられます。当然、テレビ局には著作権がなくなり、制作会社や芸能プロが持つことになる。プロダクションは、携帯の待ち受け画面の著作権を持つことも考えられます。

――最近は、違法なものも含めて番組がネット上で使われています。人気アニメ「コードギアス」が番組放送前にネット上に流れたとき、視聴率テコ入れのための意図的な話題作りではないか、といううがった見方もありました。

肥留間: 歌手の倖田來未さんが 「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」と発言したことは、まずネットニュースが書きました。そして、新聞が書き、テレビが放送した。
今は、ネットからネタが上がっており、巨大メディアのテレビがネットからネタを拾っている。テレビからネタを下ろす時代ではなくなっている。巨大メディアがネットのことを取り上げるようになったということです。

そうすると、スポンサーサイドは、テレビばかりでなく、ウェブにもコンテンツを流そうとする。ものを作らないテレビ局は、ますます成り立たなくなります。

――芸能界では、どんなメディアが強くなりますか。

肥留間: 優秀なコンテンツを持っているところが強いということです。しっかりしたものは、財産として残るんですよ(7)。映画だって、見る人は減っていないんですから。

--------------------------------------------------------------------------------

【肥留間正明氏プロフィール】
1949年、埼玉県生まれ。日本大学卒後、「女性自身」、「週刊宝石」などの記者を経て、出版社「音羽出版」(埼玉県)を設立。タレントのそのまんま東さん(現・東国原英夫宮崎県知事)の「どん底」などの本をプロデュースした。テレビ朝日「やじうまワイド」、TBS「アッコにおまかせ!」などテレビ番組の出演経験多数。


バラエティが腐らせたテレビ スポンサーはそっぽを向く芸能評論家の比留間正明氏に聞く
2008/05/06 13:52 livedoorニュースより

 ~‘‘~~‘‘~~‘‘~ 

 ず~っと取り上げたかった問題のひとつがこれ、
≪テレビの腐敗≫
でしたので、意見を同じくするこの記事を参考にさせてただきました。

 で、ここまでで一応今日トピックにした目的は90%達成したようなものなのですが、管理人の意見が全く無い‥というのではただのコピペ。

 いやいや、この場合は一言二言つけ足さないと欲求不満になりそうなので、追記にしたいと思います。お暇な方、ご奇特な方はクリックしてご覧下さい。

※気になる問題点をwikipediaの真似をして数字を付けてみましたので、その順番で考えたいと思います。

続きはこちら 

34



どうでもいいかナ?【管理人の本音】

(1)吉本興業が東京進出を果たし‥
もう随分昔の事になってしまいましたね。wikiで調べてみるとビートたけし・明石家さんま・島田紳助などが「オレたちひょうきん族」で一躍人気者になったのが1981年となっています。27年前ですか‥。そうですよね。さんまさんは既に52才で、最近は中年男のいやらしさ(スミマセン)が滲み出ているような気がします。

 正直に言うと、ここ数年は好きなタレントではなくなりました...少しニュアンスが違いますね。元々好ましいとは思っていませんでしたが、現在はどちらかと言えばキライな方に、より近付いています。と言うか、管理人は東京生まれの関東人なので、関西のお笑いは落語以外は性に合わない、と言った方が正しいかも知れません。これは風土や環境の違いですから、その土地・地方独特の文化や習慣の違いから相容れない点があるのは、仕方がないことですね。

 お笑いに関して言えば、『笑いのツボ』が決定的に違うのかも‥?

(2)お茶の間の「井戸端会議」を東京に‥
関西の「井戸端会議」を経験していないので分かりませんが、一時期関西のオバチャンパワーが注目されたとき、TVでもよく見かけたヒョウ柄・ド派手なオバチャンの五月蠅さ、遠慮のなさetc.にビックリ!!勿論演出もあるのでしょうが、聞くところによれば同じ関西の女性からも「あれでは皆がそうかと、誤解を受ける」と顰蹙をかったとか? そう聞いてチョッピリ安心した記憶があります。

 でも、一度植え付けられたイメージって、後に残りますね。それだけ、(悪い意味で)強烈なインパクトがあったということでしょうか。

(3)番組のスポット広告が埋まらない‥
最近やたらに番宣が多いと思っていたら、こうした事情があったのですね。そしてあの溢れかえる「パチンコCM」という理由の一端が理解できました。
背に腹は代えられないと言いますが、企業収益を上げるために平然と「戒を犯す」企業が多いこの流れは、本当に問題だと思っています。

(4)スポンサーが強い芸能プロと組む。
これに当てはまるのが、最近ネットの書き込みでよく言われているSMAPの草薙剛さんが多数のCMに出演していることで、批判されているようですね。意味が分からないのでコメントのしようがないのですが、確かに多い!と思っていました。彼は随分以前から韓国に関した番組を持っていたのは知っていましたし、そこで韓国語をマスターしたようですが、その関係なのでしょうか?

管理人は全く芸能界に興味が無いので最近まで知らなかったのですが、聞けば芸能界にもテレビ局にも在日の方が多いようですね。
それも長年知らなかっただけで、通名の芸能活動では何か騙されたような気がする人も多いでしょう。

(5)テレビはコンテンツだけを流す。
テレビ局が下請けに「丸投げ」というのは、「あるある大辞典」の捏造事件で報じられましたが、それ以前から管理人がよく読む月刊誌にそうした記事が載っていました。テレビ局の腐敗はずっと指摘されてきたことですが、報道機関である当の本人なのですから、問題にしませんよね。偏向・捏造やりたい放題って感じでしょうか。

 でも、テレビ局のお給料はものすごく高いんですよね。特に朝日はダントツのようです。

(6)スポンサーが芸能プロや制作会社と組む。
これも考えようによっては、とても危険な気がします。日本の大手企業の多くは、ご存じのように中国に進出していますから、チャイナリスクに遭いながらも投資した分簡単に撤退も出来ず、結局人質のようになっていると聞きます。経団連も政府も、そうした意味で親中を余儀なくされているのでしょうか?CMもチャイナ色が強い企業は、親中の印象操作に一役買っているようなものですね。

(7)しっかりとしたものは、財産として残る。
そうですよね。以前目に余る番組に、苦情を言うため電話をしたことがあります。その時応対した担当部署の責任者と思われる男性が、「お笑い芸人を使うのはギャラが安いから」と言っていました。安い製作費で枠を埋めようとすれば、良い番組など作れるはずもなく、視聴率も下がり、スポンサーも逃げる‥の、悪循環に陥っているようです。

 改革は政治だけでなく、腐敗しているだけに影響力の強いテレビ局は、性根を据えて改善を図って欲しいものです。無理な話でしょうか…。

また大人、特にテレビに出演する大人は、その言動一つが大きな影響力を持つという事を自覚してほしいと思います。今は松本仁志さんの「硫化水素自殺」発言が問題となっているようですが、他人の命を軽々に扱うような発言に批判が集中する事は、まだ日本の若者が健全なのだと思えて少し安心しています。

しかし、お笑いタレントの中にはこれと言った芸がなく、ただ悪ふざけをするだけのタレントや、クイズ番組で「無知」を売り物にするタレント。そしてタレントの中のファミリー化は、力を持つタレントに腰ぎんちゃくのように寄生する芸人がいて、番組の私物化さえ感じることがあります。であっても、寄せられる批判・苦情の声を無視して続けるテレビ局──。
そうやって恥を売り物にしたキャラは、しかし「笑いを取っている」のではなく「笑われている」のだと、気付かずにいる原因は、やはりそれでも使い続けるテレビ局の罪でしょう。でなければ、これほど面白くないとテレビ離れが進むこともなかったような気がします。

日本人の道徳観やマナーの崩壊などと言われて久しく、しかし人間は出来れば自分を甘やかす方へと流れされて行く傾向にある、影響を受けやすい弱い生き物だと思います。 それをブームのようにテレビが流すことで、真似をしたり、許される事だと思ってしまったりする子供たちがいることを、この辺で真剣に考えて欲しいと切に願うのですが…。


長いエントリーになりましたが、
最後まで読んで頂いてありがとうございましたm(__)m267


スポンサーサイト

>EntryTime at 2008/05/17 06:08<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。