FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.05.22(Thu)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 私は幼い頃から所謂「辛党」で、よく周りの大人たちに

『大人になったら、きっと大酒飲みになるよぉ~』

 と、からかわれた記憶があります。
 それがどんな意味を持つのか理解も出来ない幼さでしたが、確かに成長してもその嗜好は変わらずにいて、出掛けた先の喫茶店で友達がケーキと紅茶を注文しても、私はサンドウィッチ。甘味処では、友達がお汁粉やあんみつを頼むのに、私はトコロテン‥。
 確か女子高校生だった頃、試しに注文したショートケーキも途中で気持ちが悪くなったほど、駄目でした。

 以来その嗜好は変わらず香辛料も各種使いますが、でも、「キムチ」のような強烈な臭いと味の物はそんな私でも好みに加わることはなく、一時期回虫騒ぎや不衛生であることが問題となってからは、全く我が家には存在しない食品の一つになりました。

 その唐辛子に含まれている「カプサイシン」。一時期あの「あるある大辞典」などでその効用にダイエット効果があると言われ、注目を浴びたようですが、以前出会った記事に興味深いものがあったので、それを今日はご紹介します。



 何故今「カプサイチン」なのかと言いますと、最近の記事で気になったのがコレ 30

◆竹島・尖閣の領有権明記、4冊のみ 中学教科書
5月20日20時3分配信 産経新聞

 これに対し、韓国からは何時ものような反発があったわけですが、この領土問題は歴史的にも国際法上も「日本固有の領土」と研究者や外務省が主張しているのですから、これまで五十数年間も実行支配を許してきた事自体が、そもそも日本政府の怠慢かと私は思っています。

 勿論その為に拿捕され亡くなった多くの漁民たちの無念さや、島根県民の悔しさを知らずにいた国民の無関心さにも責任があるようにも感じます。それには、特に「竹島」に関しては殆ど報じないメディアの姿勢も問われなければなりませんし、私たち国民の「領土」に対する認識や国家観が育たない教育そのものがおざなりだった影響は大きい、と思わざるを得ません。
 ですから今回漸くこれを改め、今後教科書に載せるという方針は遅まきながらでも至極当然のことでしょう。


竹島啓発ポスター

【関係資料】
web「竹島問題研究所」


 しかし、過去の記憶を手繰るまでもなく韓国が事有る毎に示してきた過激な反日感情は、日本人には到底理解出来ない種類のものであり、確かに不愉快であってもそれと土俵を同じくするより、“激昂し易い民族”として冷めた目で見てきたように思います。
 それが最近になって知った、ネット上でよく使用されている「火病(ファッピョン)」という表現に、ナルホド‥!と大いに納得できました。

 そしてその「火病」の原因が、毎日大量に食べるキムチの「カプサイチン」にある、というのですから、これにもナルホド!と素直に頷いてりして‥。


 【追記】には、下記を載せています。

☆カプサイシン - 通信用語の基礎知識

☆【中央日報論説】 隣りの日本にも中国にもない火病がどうして我が国にだけあるのだろうか。悔しくてしょうがない。
【韓国】 火病とFコード~火病を隠して育てて来た韓国の風土変えよう

 



☆通信用語の基礎知識〈カプサイシン〉


物質の特徴

〈効能〉
カプサイシンはエネルギー代謝を活発化し、体脂肪の分解を促進する働きがある。そのため、摂取後は運動時のように体が熱くなったり発汗したりする。延いては肥満予防の効果が期待できる。

血行促進効果によって、冷え性や肩こりにも効果があるほか、胃液の分泌を調整するため胃潰瘍にも効果があると言われている。

〈毒性〉
しかし、摂り過ぎは健康、とくに脳に悪い。その健康に対する害悪は、世界でも有数の唐辛子消費国である韓国国民の研究により、次第に明らかとなってきた。

辛味とは
まず辛味というのは、実は味覚ではなく痛覚である。

カプサイシンは皮下に注入すれば痛みを引き起こす刺激剤であるが、研究により、その受容体はバニロイド受容体(VR1)であることが分かった。

これは、身体に障碍を及ぼしうる43℃以上の高温や低pH(強酸性)で活性化され、痛みの刺激を脳へと伝える働きをしている。

痛みはストレス
さて、痛みは脳へのストレスになるので、つまりカプサイシンの摂り過ぎは脳へのストレスとなる。

個体は過剰なストレスに晒されると、その回避行動として副腎から神経伝達物質のアドレナリンなどを分泌する。これが過剰な場合、大脳辺縁系の扁桃体や海馬などに損傷を与えることが知られている。

結果、PTSDのような症状を呈するようになるとされている。これが世界でも朝鮮民族にのみ見られるとされる精神病、火病(ファッピョン)の原因の一つであると考えられている。


☆【中央日報論説】 隣りの日本にも中国にもない火病がどうして我が国にだけあるのだろうか。悔しくてしょうがない。
【韓国】 火病とFコード~火病を隠して育てて来た韓国の風土変えよう[11/13]
2007年11月13日


>1980年代末のアメリカ。ある精神科診療室で医師が首を振っている。韓国人の患者が尋ねて来たが、まったく病名が分からなかったからだ。「胸が息苦しくてたまには痛くてひりひり痛むこともあり、お腹の中に火の玉があがってくるようでもあって、全身から熱が出るような感じ」だというが、内科に行って見たら身体にはどんな異常もない、と言うのだ。

アメリカ人医師は結局、両手をあげてしまい、韓国人患者はさらに切羽詰って胸をつかみながら病院 を出なければならなかった。しかし、同様な症状の患者が繰り返し訪れ、92年に初めて米医学界に報告され、96年には米精神科協会の精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-IV)に精神疾患の一種として公式登載された。その病気の名前が『火病』だ。英語でも私たちの発音のまま‘Hwabyung’と書き、特に韓国人にだけ症状が現われるという。

DSM-IVには「韓国人にだけ現われる珍しい現象で不安・鬱病・身体異常などが複合的に現われる怒り症侯群」と規定されていると言う。隣りの日本にも中国にもない病気がどうして我が国にだけあるのだろうか。悔しくてしょうがないが、一方ではまたうなずかざるをえない。つきつめて見れば、そんなこともあるということだ。火病は、ストレス発散ができずに起きる病気だ。それで、従順で良心的で責任感が強くて感情をよく抑える内気な人々に発生しやすいと言う。過去の火病患者の80%が女性だったのもそのためだ。

長年の歳月、家父長的マッチョ(macho)社会と家庭でずっと耐えて暮して来たのだから無理もない。ところが、このごろは男性患者が大きく増えていると言う。日々に劣悪になる勤務条件の中で上司と部下に板ばさみになる苦痛を他人に打ち明けられずに、一人でうんうん苦しんだら真っ黒に焦げるしかない。小学校の時から受験地獄を抜けて、塾を走り回らなければならない子供達も安全地帯にない。

火病で病院を訪れる患者は、共通して長い間押えつけられて来た悔しさと怒り・諦め・敵がい心・劣等感などを表現すると言う。そして、自分がどれくらい大変な暮しをして来たのかを専門家に充分に打ち明けるだけでも治癒効果があると言う。この意味で見れば、地球上で精神科診療が一番必要な国が我が国という話になる。

ところで、我が国では精神科診療を受ければ、それがまるで前科の記録のように残って、円滑な社会生活を邪魔する足かせになっており、開いた口が塞がらない(本紙11月8日付け11面)。

精神科診療を受けて‘精神行動障害’と判明すれば「Fコード」(訳注:国際疾病分類(ICD)の第5章「精神および行動の障害」をさす)の烙印を押されて保険加入や就業などに不利益を経験するというのだ。

このごろ子供達に少なくない過剰行動障害(ADHD)は言うまでもなく、不眠症、神経性頭痛、小児たちの夜尿症もすべてFコードに分類される。新しい職場に適応が下手でも(適応障害)、多くの人の前に出る時、言葉が震えても(不安障害)すべてFコードだ。専門医と何回か相談すれば治る、このような症状が前科の記録(?)として残るなら、恐ろしくて隠れて病気を育てるような話になるしかない。

少なくともいつ裂けるかも知れない火病因子を抱いて暮す私たちは、それではだめだ。元気な人でも定期的に専門医の相談を受けるのがインフルエンザ予防注射のように思われる風土にしなければならない。それでこそ身も心も元気な社会になる。そうせずに火病を隠して育てて来たのが私たちの「恨ハン)」ではなかったのか。

イ・フンボン論説委員 <


          ~~~~~~~~~~


 世界有数の唐辛子消費国.....と言えば、他に思い出すのは「メキシコ」くらいなものなのですが、メキシコ人にこのような症状はあるのか?と、素朴な疑問を持ちました。
 私は、陽気で明るくエネルギッシュというイメージを持っているのですが、「青年交流事業」に参加してメキシコでホームスティされた方の感想も、「ラテン系の明るい性格」というイメージ通りだった、と述べています。

 どうやらメキシコ人には「火病」はないようですね。

 でも、自覚があるようですから、韓国人の「火病」改善に少しでも結びつく対策を講じるよう、是非にと期待したいと思います。





スポンサーサイト

>EntryTime at 2008/05/22 06:21<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。