welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.06.06(Fri)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

  

 前回エントリー「ニッパイ(日本人配偶者)」の存在やワイセツ行為で検挙・逮捕される男性の性(さが)に、ブレーキとなる理性の欠落を感じざるを得ない管理人──。

 そこで今回は違った視点で、触れてみたいと思います。


エディンバラ_1-2


 下手な写真で申し訳ないのですが、見てお分かりでしょうか?


 これは一昔前、事情によりロンドンで1ヵ月ほどアパート暮らしをした時、ついでにエジンバラ城を訪ねて撮ったものです。

 で、ご存じの方も多いでしょうが、この衛兵たちが身につけているスコットランド人男性の伝統的衣装キルト(kilt)の下は‥つまり、下着をつけずフル〇〇が正式なのだと姪から教えられ、ちょっぴり恥ずかしくもあり何故だか楽しくも(?)ありで、盛り上がったことがありました。

 その時一緒にアパートに遊びに来ていた姪の夫である生粋スコットランド人のPも、キルトを正装として着る機会があるわけですから拙い英語で確認してみました。すると、

「当然だろう。何故そんなに驚くのか(はしゃぐのか)?」

 と透きとおる白い頬を赤く染めながらそう答えたことで、さらにキャッキャと盛り上がり‥。

 その上姪などは以前エジンバラ城を訪れた時に、風でめくれ上がったキルトの中身をモロに目撃して、目のやり場に困ったなどと煽ります。


 ハハァ~!!オバサンのエッチ度を素直に暴露?

 この程度はね。深い意味はなくても何故か楽しく(?)出来る会話でしょ?
 と言いますか、あの5月でもコートが必要なくらい寒いスコットランド地方で、キルトの下に下着もつけないのは「身体に良くない」とまず思い、どんなにスースーするか?と余計な心配までしてしまうわけです。

 でも、何故〈伝統的な着方〉は下着無しなんでしょうね?そのことの方が今は興味深々です。
 あっ、そう言えば日本女性も着物の下に下着をつけないのが伝統的な着方だった時代から、まだ100年も経っていないですよね。現在は当たり前になっていますが、下着の文化って思っている以上にまだ歴史が浅いのかも知れません。

※キルトは一見スカートと誤解されているようですが、一枚のウール地を腰に巻きつけた着方は、昔高地地方の男性がいざ雨や寒かったりした時に、毛布の代わりにしたとても便利な使い方が出来るのだそうです。
 また、キルトの色や織り方は一族毎に異なり、つまり紋章(日本の家紋のようなもの)になっているとか。



          ~~~~~~~~~~

 ということで思わぬところから話に入りましたが、世界共通の話題や普遍的興味の対象となるのが性であり、国境がないと言ってもいいのが「下ネタ」かも知れませんね。 特に男性社会ではかなり大っぴらに会話されるのが「下ネタ」ではないでしょうか? 経験上、そう感じた事が多くあります。

 女性は?と言われそうですが、私の年代、そして周辺環境においては、明け透けな「下ネタ」話は暗黙のタブーとされていましたから、精々上記程度の可愛いものです。ところが干支が一回り違う世代の女性と話すと全く感覚が異なり、どちらかと言えば積極的に(?)したがる方もいらっしゃるので驚いたことがあり、これがジェネレーションギャップなのかと、その時は日本女性の奥ゆかしさが欠如していく寂しさを真剣に嘆きました。

 でも、これには基本的に個人差があるのではないかと、現在は微かな期待もしています。


 そして「下ネタ」と言えば、こんな弱小blogでさえ開設当時からトラバやコメにスパムがついてきます。

 そうそう、これを機会にお知らせしておきたいのですが、過去のエントリーに幾つか承認されずに放置してあるコメントは全てがスパムですので、どうぞ気になさらないで下さいね。

 当然エントリーの内容に関したコメントは公開をし、お返事も書きたいと思っているのですが、アクセス数を考えると、スパムのために訪れる方の方が多いのかも知れない‥と、多少のゲンナリ感があります。そして、私にはわざわざ貼りつけて行く行為そのものを理解できないのですが、所謂「嫌がらせ」を目的として貼っているのであれば、それこそ意味も効果もないのに…、と言う他はないので、そのうちまとめて削除をさせていただくか、コメント欄そのものの設置中止も検討中です。

 



 つづきはコチラ 34



 さて、私は心底からこの国の将来・未来を憂う国民の一人なのですが、問題が多すぎることと大き過ぎると実感したのは、まだここ数年のことです。

 そしてその問題の元凶の一つに、国会議員たちの無能力ぶりや無責任ぶりがネットのあちこちで批判されています。そして彼等に絡みついて離れないのが、所謂「政治家と金」、「ハニートラップ」と言われる外国勢力による懐柔工作に嵌っている(?)と噂された政治家の多さが、国会議員としての務めを果たすよりむしろ自国を裏切り貶めることに専念するかのような動きも、大変気になるところです。

 今や珍しい話ではないこと自体が、既にどれほどの国益を損なっているかと想像するだけで、私のような者でも唖然とする以上の危機感を禁じ得ません。 

 例えば私が知っているだけでも、自民党の元総裁や現役閣僚たちについて回る「金と女」に纏わる話は週刊誌等にも多く取り上げられてきていますし、民主党内でも近年問題となっても何故か追及もされずにいる金の流れや外国人秘書の関係等、数え上げれば切りもなく出てくる汚染ぶりではないでしょうか。

※下記に関連記事有

 また、北朝鮮がらみの某政治家たちの動きも、国民感情や国益と乖離するかのような働きかけに、大いに疑問を感じるところです。



 しかし、そうした中で記憶に強烈に残った事件が「上海総領事館員自殺事件」ではないでしょうか。 この事件に関してはwikipediaから一部引用いたします。

事件の経緯

当該職員は在上海日本国総領事館に勤務する当時 46 歳で既婚の領事であった。彼は総領事館と外務省の間の通信事務を担当していた電信官であり、機密性の高い文書を扱っていた。報道された杉本総領事宛の遺書[1]の内容によると経緯は次のようなものである。

2003年当時、この館員はある中国人女性と交際していた(交際の詳細不明)。彼女は6月にカラオケ店において中国の情報当局により売春容疑で拘束された。当局はこの女性を処罰せずに翌日釈放した。この女性を連絡役として、情報当局は館員と連絡をとるようになった。接触したのは 40 歳代の「公安の隊長」・唐(名前)と 20 歳代の通訳・陸の二名である。

2004年2月20日に館員の自宅にある文書[2]が配達された。国家安全省を名乗り、館員、総領事または首席領事のいずれかと連絡を取りたいと要求し、携帯電話の連絡先を記してあった。注として公衆電話を用いること、金曜か日曜の 19 時から 20 時の間に連絡することが記されていた。館員が上記の隊長にこの文書について相談すると、隊長は 2 週間後に、文書の作成者を逮捕したことを告げた。館員の遺書によると、これはすべて彼らが仕組んだことだとこのとき気付いた、とある。つまり「逮捕」は館員に恩を着せるための芝居であった。

これを機にして隊長は態度を急変させ、在ユジノサハリンスク日本国総領事館への異動が決定した館員に対し、5月2日に「なぜ黙っていたのだ」、(中国語で書かれた総領事館の全館員の名簿を見せ)「出身官庁を教えろ」と詰め寄った。さらに、「おまえが電信官であることも、その職務の内容も知っている」、「館員が接触している中国人の名を言え」、「我々が興味を持っていることがなんであるのか分かっているんだろう」、「国と国との問題になる」、「仕事を失い、家族はどうなるのだ」などと 3 時間に渡り脅迫した。館員は一旦協力に同意し、隊長に対し同月6日の再会を約束した。その後この館員は中国側がさらに重要な情報である領事館の情報システムを要求することになるであろうと考え、同月5日に合計 5 通の遺書を綴り、6日午前 4 時頃、領事館内の宿直室で自殺した。総領事あての遺書には、「一生あの中国人達に国を売って苦しまされることを考えると、こういう形しかありませんでした」、「日本を売らない限り私は出国できそうにありませんので、この道を選びました」と記されていた。


 この領事館員の遺書には、胸が潰れる思いがします。

 しかし、こうした“罠”に陥り易いのが男性が持つ弱点(これを平たく言えば、「スケベ根性」?)をうまく利用されているからだと、言えなくないでしょうか。

 そして、まんまとその術中に嵌れば、「一生中国人に国を売って苦しまされる‥」と自らの死で断ち切る他無い現実に、どんなにか無念で悔やんだことでしょう。 でも‥、そうなってからでは“遅い!”ということを、彼は身をもって教えてくれているような気がします。

 それを、全ての日本人男性は教訓として学び、危機意識を持つことで彼の死を無駄にしないよう、心掛けて欲しいものだと願わずにはいられません。


 例えば報道でご存じのように、昨年起きた「イージス艦機密漏えい事件」ですが、これを「ハニートラップ」と確定できないものがあるにせよ、国の防衛最前線にいる海上自衛隊員が起こした事件だからこそ、とても見過ごせない重大事件だと思っています。

詳しくは、下記で


☐【岸田コラム】-- イージス艦情報漏洩事件


>公安当局が2曹の中国人妻を問題視したのだ。というのも、当時33歳だったその妻はかつて2回も不正入国をしていた。窃盗容疑で逮捕された際不正入国が発覚し強制退去処分に遭っている。ところが、再び日本に密入国し、横浜の中華街で働いている時に知人の紹介で2曹と知り合い、去年の10月に結婚。横須賀市内の2曹の自宅に転居した。結婚から3ヶ月後の12月にオーバーステイだと入管に直接出頭し、翌月の1月に入管難民法違反容疑で逮捕された。<


☐【日日是生誕日】 -- 中国人妻はどうなったか


・中国人妻の正体(中文導報4月26日)

〈蛇足〉
わが国の海上自衛隊の隊員は約44,000人だそうですが、そのうち配偶者が外国人である隊員は少なくても100人はいるそうです。



 この事件の一報に、震撼したことを思い出します。
 その時にはある程度の情報を得ていて、危機感を募らせていた最中でした。

 そして、知人の紹介で知り合ったという点に引っ掛かります。その上、上の記事を読んで頂くと分かるように、中国人妻の経歴が国の防衛を預かる自衛官という身分に見合うものなのかどうかも、私の年代では妙に気になるところです。
 これに関して、古いとか差別だという理屈はそれこそナンセンスだと言えないでしょうか。

 不正入国2回・窃盗容疑で逮捕され強制退去、そして再び密入国していた女性です。何故、このような女性と自衛官が結婚に至るのか‥。
 私には理解が出来ませんし、これがまかり通る防衛省では根本的に「国防意識」の欠落が蔓延していると、嘆かざるを得ない思いです。

 もう一度言いますが、彼は国の防衛最前線を担う、自衛官です。これだけで、私生活においても一般人とは異なる厳正さと潔癖さを求められるべきだと、私は思います。

 そして、ご存じの方も多いかと思いますが、あの元首相のスキャンダルと言うには余りにも酷すぎるこの例も‥


☐国民新聞(平成10年5月25日号)


・ODA26億円と中国女性

このサイトには、その他関連記事満載です。


 また、現役民主党党首の疑惑も‥


☐阿修羅♪



☐「博士の独り言」 -- 2007/8/12



 その他、現在与党政権中枢にいる議員たちにも、女性がらみの醜聞は報道で明らかになっている通りですが、これが普段接する報道だけで見ても、その政治姿勢に疑問を抱かざるを得なくなった時、「ハニートラップ」疑惑が頭を過ります。

 それが特定国に有利・有益で、日本国と日本国民には不利益この上ない法案推進派であれば尚のこと、素人である国民の目にも疑いの目を持たれても仕方がないのではないでしょうか。


 そこでだいぶ長くなりましたので、核心部分に入ろうかと思いましたがそれだけでは終わりそうもないので、もう一回このテーマでエントリーします。

 次回は既に手元に資料が揃っているので、時間を空けずに更新する予定ですが、≪乞うご期待!≫とは言いきれない体力に自信の無さ…で、恐縮です。

.



スポンサーサイト

>EntryTime at 2008/06/06 20:15<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。