welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.06.10(Tue)

【お知らせ】

          人権聖火リレーポスター


         

グローバル人権聖火リレーに参加を!


聖火を掲げたデモ行進で、
      日本人の意思を中国、そして世界に示そう!




6月18日(水)  東  京  代々木公園   12時より
6月21日(土)  長  野  南千歳町公園 12時より
6月22日(日)  大  阪  中之島公園   13時30分より 
6月25日(水)  名古屋   若宮広場    17時30分より
6月28日(土)  広  島   平和公園     13時より
6月29日(日)  福  岡  福岡中央公園 12時より

詳細は http://www.humanrightstorch.org/jp/



          ~~~~~~~~~~ 


こちらと合わせて、お一人でも多くの方に知っていただけることを願っています。

        tsnjlogo.jpg
 

     チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)





はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 


 思いがけず今日で3回目となるこのテーマは、偶然見たTVの取材番組(5/29エントリー「日配ホステス、不法滞在摘発!」)が切っ掛けでした。それは男性の“性(さが)”、それも暴走を抑えきれない“理性が欠落した一部の男性”が引き起こす様々なワイセツ・強姦・そして強姦殺人事件等だけに限りません。

 話として避けて通れないことの一つには、男性と切り離せない問題として「買春」があります。

----------

1970年代、円高と経済発展により、日本の旅行産業は急激に成長。そうした海外旅行者の中には買春が目的の者が多く存在し、やがてそこへ着目したヤクザが便乗し、巨大ビジネス化させた。

台湾・韓国での売春ツアー
初期の売春ツアーは、1960年代の台湾を中心に行われていたが1972年の日中国交正常化により、一時期これは衰退する。代わって1965年に日本と国交を正常化したばかりの韓国が主要な舞台となった。70年代後半には毎年65万人以上の日本人観光客が韓国を訪れたが、韓国観光省のしらべでは、男性観光者の8割が、最も印象的な者として、「キーセン・パーティー」(キーセン=売買春)を挙げていた。

東南アジアでの売春ツアー
1970年代後半には東南アジア、特にタイとフィリピンがその舞台となった。ヤクザはツアーに同行し、地元のポン引きとコンタクトを取り、日本人旅行者を案内する役割を担った。売春の被害となったのは、まだ幼い少女も多かった。

諸国の抗議行動
こうした日本の売春ツアーに対する抗議行動は次第に盛んとなり、1980年にはフィリピンで女性グループとキリスト教グループが日本大使館への抗議活動を行った。続いて、1981年に日本の鈴木善幸総理が東南アジアを歴訪した際には、行く先々でデモが行われ、鈴木総理は、ジャカルタで
東南アジアへの日本人の旅行は非常に悪質であると認めた。また、同年にはフィリピンのルバング島を日本人用の「売春島」にするという笹川良一の計画が現地の抗議行動によって中止された。これらに対し、1984年に日本の警察は、国内の不法就労者対策の専門部署を設立した。
そうした経緯から買春ツアーは下火となったが、
近年では日本の繁華街に売春目的で入国する中国人やロシア人などの若い女性が多数押しかけて日本人売春婦以上の人気を得ており、わざわざ海外まで買春ツアーに出かける必要はなくなっている。
─「日本人の買春ツアー」wikipediaより─


----------

  この「買春」に関しては、男性の中でも意見が分かれるのではないかと思いますが、しかし古くからこの「需要と供給」が合法であっても非合法であっても消えて無くならないのは、潜在的に「必要悪」という認識を持つ男性が大半を占める、からなのではないでしょうか。

 しかし、そうした男性の安易な、又は身勝手な〈性行動〉が、同時に様々な問題を孕んできたことも見過ごせない事実としてあります。

 その一つが、先日最高裁で下された判決ではないでしょうか。

◆最高裁が国籍法規定で違憲判決「両親の婚姻要件は不合理」
6月4日15時27分配信 読売新聞


 この判決に関して、いくつものブロガー諸氏が英邁な意見を述べられていますが、その中から私も意見を同じくする内容として、「侍蟻」6/6様blogを引用させていただきます。

国籍法を遵守せよ!

 この訴えを起こしていたのは「出生後に認知」された婚外子の子供らだったが、これが常態化して安易に認められるようになると、実子ではない子供(しかも日本国民の血をひかない子供まで)を日本人男性が認知する“偽装認知”の増加が懸念されている。
 偽装国際結婚にも見られる手口だが、多重債務者などに偽装認知させ、日本国籍を取得した子どもの多い区と称して外国人の母親が不正に在留資格を取得する手口だ。

 父母のどちらかが日本人ならば子供は日本人という『血統主義』を採用している日本では、国籍取得要件に「父母の結婚」はいらない─とする指摘もあるが、国籍法制定はこの偽装認知の多発を懸念したものだったのだろう。

 頭の良い人によって、よく考えて定められている。
識者らは「現行の国籍法は時代の変化に適応していない」旨の意見を述べているが、私としてはむしろ、現代のような外国人増加という社会環境の変化を予見していたのではないかと思う。

 記者会見でも「フィリピン移民に万歳」とタガログ語で歓声を上げたと報じられるなど、一抹の不安を感じざるを得ない。

 離婚や母子家庭が珍しくなくなった今、出生後に認知された婚外子にも日本国籍が与えられる国籍法を改正すべきとする判断を司法が下したのである。これは言ってみれば法律が現状(家庭崩壊の進行)に妥協したように思えてならない。

 最近、裁判所の法廷で不可解な判断が下されることがあるように見受けられるが、国と司法の判断で齟齬が生じるのは、国が「在るべき国家像」とそれを構成する「在るべき家族像」を示す努力を怠ってきたことに起因するのではないか?



 また、「今野滋之・民族主義者の警鐘」6/6様blogでも、

日本男児よ、外国人相手の買春をするな!

 

日本人男性が海外で買春し、著しく日本国の名誉を損なっている。良識ある日本国民の皆さまには、欲望を満たすだけの買春についてご考慮下さい。
==お願い致します== <


と、訴えられておりました。

 私は女性ですからこれに関する情報も知識もなく、男性の心理・立場を理解することはできません。しかしこのblogに寄せられたコメントにも興味深い記述がありましたので、関心のある方は覗いて見ていただきたいと思います。

          ~~~~~~~~~~

 そして偶然が偶然を呼び、こうしてエントリーを重ねてこのテーマを追う中で、再びこのようなTV取材番組を目にすることになりました。以下、メモから転載。

≪フィリピン少女 偽装滞在事件≫フジTV

 フィリピンで暮らす6歳の日本人少女(仮にYちゃん)は、生後6か月で祖母の暮らすフィリピンに預けられた。しかし日本で暮らす父親の元には、同姓同名の少女が存在し、保育園に通うという。

 この偽装滞在が発覚したのは、日本に住むYちゃんの祖母(母方)の入管への相談からだったという。入管が自宅を捜索するとそこには2冊のパスポートがあり、一冊は日本でYちゃんになりすましたフィルピン人少女のものであり、もう一冊はまだ乳飲み子だったYちゃんの写真を貼ったパスポートだった。

 要約すると、父親は前妻(フィリピン人)と8年前に結婚。Yちゃんを授かるが妻は転落死をしたという。そして父親はまたフィリピン人女性と再婚するが、その再婚相手の連れ子をYちゃんと名乗らせて呼び寄せ育てる。

  父親は正式な手続きが面倒だったと言っており、また育てているうちに再婚相手の娘が可愛くなったと供述したようだが、(番組では触れていなかったが)まだ生後6か月の我が子をフィリピンに送り出すということは、転落事故で死亡したというYちゃんの母親が亡くなってからさほど時間を空けずに再婚した、という計算になるのではないだろうか。そして最初から実の子をフィリピンの祖母に預けて血の繋がらない少女に娘の名を名乗らせてまで偽装入国させた意図は、一体何にあるのだろうか? かなり不可解と言わざるを得ないという感想を持った。

 当然「なりすまし」の少女とその母親はフィリピンに強制送還され、Yちゃんは本当のママの母親(祖母)に引き取られるため、日本に帰国した様子が流されていた。

----------

 こうした例は珍しいことなのでしょうか? 番組の報道意図が何を訴えたいのか鮮明ではないという思いと共に、常識的に考えると実の娘を外国に放り出し、連れ子であり日本人ではない少女を娘としてわざわざ〈なりすまし〉させ、手元で育てるという事は考えもつかない事です。そしてまた、この父親が関係する女性が全てフィリピン人という事にも驚きます。
 私などには想像もつかない闇が隠されているのか?と、漠然とした思いに駆られるのが、思い過ごしならいいのですが…。
 


 またこれとは別に、「少子化」を理由に「留学生30万人受け入れ」や「1000万人移民計画」なども福田政権になってから積極的に推し進めている傾向にあることは、報道されている通りです。
 これには私でさえ、小泉・安倍政権には感じなかった「国の存亡」を憂うほどの不用心ぶりと案じ、危機感を募らせています。

 「少子化」傾向は何も今に始まった事ではなく、ずっと以前から叫ばれてきた国を構成し支える基本的最重要課題であったはずです。しかし、それに歯止めをかける有効な政策を施さなかった政府の怠慢はまったく議論されず、その代りに安易に(意図して?)「移民」や「留学生」たちを受け入れようと準備する…。これには、大いに疑問を感じます。またこの方向は、与野党関係なく推進派が多数を占めているという現実に愕然とします。
 そしてこうした日本に定住する外国人が暮らし易くするために、「外国人参政権」や「人権擁護法案」がセットで画策されているのか、と疑ってしまいます。

 今日、ちらりと見たニュースでも「四川大地震」による震災孤児が1千万人~2千万人に上ると報道されていました。少し前には、職を失った支那人が海外へと出稼ぎに出始めているそうです。しかも中華人民共和国には、地震被害に遭う以前から「一人っ子政策」の裏で戸籍に載らない子供も膨大な数に上っている、と聞いています。

 単細胞である管理人は、こう見えてしまいます。

 「友好」「互恵関係」と美辞麗句を並べる相手は、人口が余り過ぎて面倒を見切れない国。しかも台湾を始め東(日本)への覇権を目的としていることは、周知の事実として各方面で語られています。そして片方(日本)は国土が狭い小国であるにも関わらず、「どうぞ、どうぞ」と受け入れ準備を進めている──。屈中派福田首相であるが故にの方針なのでしょうか?

 事実、自民党HPのニュース(6月5日)にも、福田総理が打ち出した「留学生30万人計画」が留学生等特別委員会で了承されたとありました。

◇提言「国家戦略としての留学生30万人を目指して」を了承
 留学生等特別委員会
 - 2008/6/5

http://www.jimin.jp/jimin/daily/08_06/05/200605b.shtml



 しかし記憶にも新しい、あの「4.26長野事件」が引き起こされた裏には、10万人の外国人留学生の7割が支那人という大きな数の偏りがあり、大使館による動員が掛けられたという現実は、何を物語っているのでしょうか?

 そして チベットやウイグルで実際起きている事、漢人による人口侵略でその土地の文化も言語も奪われ、大量虐殺や結婚による民族浄化が現在進行形で行われているという彼等の訴えから、私たち日本人は何を学べばいいのでしょうか?  そうした意識を持たずに過ごすこれから先の数年、十数年の年月が、どうこの国を変えて行ってしまうのか‥。一度、想像してみて欲しいと思って止みません。

 そこで今日も長くなりましたので、最後にもっと詳しく情報を知りたい方には、私が毎日巡回している「人気ブログランキング─政治─」をお勧めします。

http://blog.with2.net/rank1510-0.html

1ページ、ランキング50位までを閲覧すると、知らない世界が見えてくるかも?
でも‥、決して楽しい世界ではありませんから、要注意!です。(笑)






スポンサーサイト

>EntryTime at 2008/06/10 06:00<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。