FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.06.13(Fri)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 2種類の下書きを用意していましたが、犬の散歩に出たついでに買った「週刊新潮」6/19号に、気になる記事を見てしまいました。

 急きょ差し替え、現在最も世間を震撼させ、関心を集めているあの「秋葉原:無差別殺傷事件」に関した、管理人が〈気になる〉現象に触れてみたいと思います。
※ 事件そのものは各メディアで報道されているので、省略します。


「友人二人殺害」を目撃した
     電機大生の「携帯カメラへの怒り」


 トラックで歩行者天国の突っ込んだ加藤は3人を撥ね、ナイフで次々に通行人を刺した。

(中略)

 東京電機大2年・藤野和倫君(19)、東京情報大2年・川口隆裕君(19)だが、現場にいた友達は、瀕死の仲間に向けられた携帯カメラに怒りをぶつける。

(中略)

 倒れている2人の周りにアッという間に、人垣ができた。
 「僕は、辛いというよりも悔しい。 友達2人が死にそうな時、周りにその姿を携帯やデジカメで撮っている野次馬がたくさんいたんです。僕は止めたのに……。
 “不謹慎だから止めてください!”そうはっきり僕は言った。でもみんな止めようともしない。 僕はいまでも、なんであの人達が写真を撮っていたのかわからない。現場にいることを自慢しているようにしか見えなかった。 多分、あの人達は写真を友達に見せるのかなと思うと、堪らなく嫌な気分になりました」


 この事件に対してはあれこれと、TV、特にワイドショーなどでは憶測・推測の域を出ない状況で「こうだったのではないか?」「ああではないか?」と、頻りにある方向へと印象付けるようなコメンテーターや司会者の言葉が行き交う毎日に、何時もながらウンザリさせられています。

 でも、この現場での写真を撮る非常識の限度を超えた行為に言及する番組は、偶々なのかも知れませんが、まだ一度も見ていません。

 もし、(と言っても、その確率は低いでしょうが‥)訪れて下さった読者の中に、そうした現場写真を実際に見た、メールで送られてきた、という方がいらっしゃったら、コメント欄に書き込んで頂きたいと思います。


≪垣間見た衝撃≫

 この事への恐れは、あの事件現場を目にしたときから案じていました。TVカメラが映したフレームの中には、確かに多くの野次馬が携帯カメラを構えている様子が捉えられていました。
   実際、あれだけの人出です。その撮った人たちが友人・知人に各自5名~10名単位でメールを送ったとしても、相当の数に上る人たちが凄惨な被害者の姿を目にしていることになるでしょう。 考えただけでも、おぞましさに身が竦みます。

 携帯電話への依存度が激しい社会で、常日頃エチケットやモラルなどという意識を自身に確認する間もなく、興味・関心の対象には条件反射のようにしてレンズを向ける、という事が当たり前のようになっていると聞きます。
 他人のプライバシーさえ無視して、自分の欲求を優先させる人が多いというのは、まるで一時期問題になった、写真週刊誌のカメラマンやパパラッチ?かと思えるような冷血漢的横暴さと重なり、そうしたアンドロイドのような心無き人間は、一体どこから生まれてきたのでしょうか?

 芸能人や著名人などがその被害に遭い、しかし「有名税」として我慢をしたとしても、一般人が、それも生命の危機に瀕した状態を写されそれを流布されたとしたら、法的罰則などは別にしても、看過できないのが同義的な問題です。

 何度もリセットして楽しめるゲームではないのです。人一人の命は、二度と取り戻すことが出来ないことくらい、子供でも分かることです。そんな見るに忍びない無残な状態で横たわり、血を流して生命の危機に立つ被害者の姿を、冷たいレンズを通して見ながらシャッターを押せる心理は、ハッキリ言って、異常です。
 日常に無い異常事態を前にしながら恐怖やパニックに陥っていたなら、茫然自失で携帯の存在さえ忘れているでしょう。しかし、落ち着いてカメラを構えられる事の、心を失ったかのような反応を示した人たちの存在が、こうして明らかになったことが、私にはもう一つの意味で衝撃を受けました。

 それはイコール、自分自身に害が及ばない事には、無関心で所詮他人事であり、客観的に見ていられるという人だけでなく、少なくても好奇心を剥き出しにして野次馬的視点以上のハゲタカのような目で見られる人がそこに居たという事実は、この日本の病んだ姿を見せつけられた思いがしてなりません。
 そこにもう一つ付け加えるならば、まさかとは思いたいのですが、その画像をマスコミに売った人はいないでしょうね‥。どなたか「読者提供」という写真を見た方はいませんか? それともあまりに惨い写真で、流石に使えないというものもあるでしょうから、そう思うように商売にはならなかったのでしょうか。

 しかし、その写真を撮った者たちは、「恥」という概念を教わらずに育ったのでしょうか? 他人の不幸を冷たい眼差しで見るだけに止まらず、写真を撮った『バカ者』は、自分や自分が大切に思う家族や恋人がその立場になったら、どんな反応を示すのか?是非聞いてみたいと思います。

≪薄れさせられた「恥の文化」≫

 私は或る国々の民族性に対しては「恥」という概念も文化もない以上、求めようとは思いません。言うだけ無駄ですから‥。
 しかし、日本人に関してはそれは許せないと思っている古い人間です。その古い事を否定し、「面倒臭い」とか「今時流行らない」と屁理屈を言ってサボり、「堅苦しい」と逃げ回り、日本人の特性をなし崩しにした「なまけもの」の論理を否定します。ただ、楽をしたいだけの我儘を通し、自由と言い換えて主張することが民主主義ではないでしょう。 高度な自制心を持つ【民度】が無ければ、民主主義は機能しないのです。それぞれが勝手な理屈をつけ、主張し、協調も出来ずに社会が成り立つはずもありません。バラバラの我儘ばかりを言う民度の低い国民ばかりなら、どうなるか考えて見てご覧なさい。

 そして日本人として生まれたなら、その日本の歴史や伝統や文化を大切にし、守り、受け継ぎ、伝えて行く使命も託されているのではないでしょうか。でなければ、当然国を愛する気持など育ちようもなく、日本という国家の輪郭は幻のように実体のないものとなって、国家意識もアイデンティーも持てない浮遊霊のような危うい存在にしかなれないのでは、と案じます。

 大体「国歌斉唱」も「日の丸」掲揚も拒否する教師が、子供たちを教育しているなら当然の成り行きですが…。

 これ以上続けるとまた長くなりますので、今日はこの辺で。



スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/06/13 07:49<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。