welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.06.14(Sat)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと


 ご存じのように、福田政権になってから再び浮上した「人権擁護法案」。そして、韓国李大統領誕生で訪韓した民主党幹部たちが約束してきた「外国人地方参政権」の在日への付与。加えて中川秀直議員が提言する「外国人1000万人移民化計画」は、「移民局」や「民族差別禁止法」まで制定して行おうとするものです。勿論、あの長野で見せられた凶暴支那人留学生を増やす計画も、国庫負担で「来来」です。

 前回のエントリーでも違った意味で、「国家観」というものを改めて考えさせられたのですが、ボォ~っと考えても、管理人の頭ではずっとボォ~っとしっ放しで埒があきません263

 そこで何時ものように、ググッてお勉強しようかナと検索したらこのような動画に遭遇しました。前回2種類の下書きと用意、と言ったその一つには、酒井信彦氏(元東京大学教授/日本ナショナリズム研究所)の基調説明【動画】があるのですが、まだ1/2しか文字に起こしていないので、こちらを先にアップすることにします。

 何故、安部前首相が突然に辞任をしたのか?
 何故、小泉前首相の「靖国参拝」はあれほど批判されたのか?
 何故、福田政権は、支那共産党に甘いのか?
 その他、諸々の情報満載!

 が、語られています。

☆支那(中国)に日本を売り渡し日本を破滅させようとしている売国奴はコイツらだ!(小支那鬼子)





 動画をご覧になればお解りでしょうが、最近you tubeでも見たい動画が削除されている事が多く、これは桜チャンネルなので大丈夫とは思うのですが、念のため文字に起こしたものは、【追記】に載せました。途中で切れますが、それでも充分な内容ですので、初めての方は是非ご覧下さい。

つづきはコチラ 34



〈ジャーナリスト 青木直人氏〉

 では何故このような異様な、異常な日中関係が続いてきたのかと言うと、実は日中友好体制を支える4本の柱と言うのがあるんですね。

 それは「政界」「財界」「官界」そして「マスコミ」なんですね。で、「財界」はですね。ご存じのように昨年(2007年)にですね、初めて対米貿易を対中貿易が抜いたんですね。つまり日本経済の中国シフトが非常に本格的になってきたと、つまり中国が最大の貿易相手国になってしまったわけですよね。そうなってくると、貿易経済関係に相応しい政治的枠組みを財界は求めるんですよ。

 ですから小泉さんが「靖国神社」に参拝した時に、これをいろんな勢力が批判した。それに最も小泉さんにとってダメージが大きかったと言うか、堪えたのは経団連を中心にした財界からの批判なんですよ。

 で実はですね。2001年にですね。経団連がですね、「21世紀の日中関係について」というですね、有名な提言を出すんですね。で、これは何を具体的にこの中で言っているかと言いますと、つまりこの提言が出た時期の暮れには、2001年に中国がWTOに加盟することが決まっていまして、WTOに加盟するという事は中国が国際経済にリンゲージして、外国の企業にも一気にビジネスチャンスが広がるわけですよね。で、日本の財界もそれを虎視眈々と狙っていたわけですよ。

 そしてその時財界は何を提言したかと言うと、「靖国神社」参拝は止めて欲しいと、「台湾問題」に対して内政干渉は止めて欲しいと、国民の「歴史教育」はしっかりやって欲しいと、更に「対中国ODA」が国民から批判されているが、しっかり啓蒙すべきという提言をですね、経団連はやっているんですよ。これこそが福田政権を生んだ構造なんですよ。

 日本人の正当なナショナリズムはですね、国境を越えて利益を追求するビッグビジネスには障害物なんですよ。自分たちの金もうけのためには。
 ですから小泉さんが「靖国神社」を参拝した時にはですね、例えばユニクロの社長までが批判するわけですよ。全部中国シフトをした企業がですね、経済的に中国に依存関係を持つが故に、政治的従属関係をして行くという構造がある。

 そういう企業に、歴代の中国大使がみんな天下りしていくわけですよ。東京電力・三菱重工業更には新日鉄と。つまり中国進出に非常にシフトして行く企業に中国大使が天下りしていく。その天下りしていくお土産は何かと言うと、中国要人とのパイプなんですよ。その中国要人とのパイプは如何にして築かれたか、在職中にどれだけODAを持って行くかによって決まるんですよ。それを手土産にして彼らは「日中友好」の美名のもとにですね、例えば新日鉄あたりにですね、堂々と天下りをして行くわけです。でそういう外務省のですね、✖✖したグループがあって、そういう財界と外務省との間をを繋ぐのが媚中派と言われる政治家。なかんずくこの前までいた竹下派✖✖グループなんですよ。

 ですから今から3年前に中国で反日デモが起こりましたでしょ。あんなの、小泉さんの時代だから起こったんですよ。野中広務が生きていたらね、って、まだ生きているんですけど(笑)、まだ死んでいません。野中広務がですね、政権の中枢にいたら、そもそもあのデモは起こらない。それ以前に手打ちされているんですよ。日本がもっと援助をするってことで。

 ところが小泉氏は、要するに抵抗勢力として橋本派をターゲットにしているから、要するに彼らが持っていた日中利権を潰すわけですよ。そう言う国内の権力闘争の延長上としてですね、実は08年に日本のODAが止まった。その事によって実は中国は非常に危機感を持ってくるわけです。その為に中国はですね、小泉では話にならないという事で、誰を呼んだのか。価学会の池田大作、連立与党公明党のドンですよ。次にですね、経団連の会長であったトヨタの会長を呼んで、言わば独自の民間外交をやって、日本首相とは会談しない中国の主導部が日本の政界と財界を動かして、関係改善を図ろうとしたんです。そういう事実をですよ、ここが大事なんですよ、メディアは誰も報道しないんですよ。誰も‥
それどころか、朝日新聞なんか一部特定のメディアはですね、中国から日本に起こる批判、国家的レベルの批判にもですね、自分たちの報道の正当性としてですね、利用するんですよ。

 で先ほど申しました、中国が南京問題を82年頃にですね、取り出してきたと。これも実は日本の左翼グループがですね、政治的影響力を失った時と重なるんですよ。で彼らは要するに、何でも文部省にデモをやるんですよ。教科書の書き換え反対といくらやっても、文部省は動かないんですよ。しかしその文部省がですね、朝日新聞が一発記事を書いて、中国外務省が抗議したら膝を屈したんですよ。それを見た例の連中はですよ、中国・韓国の国家レベルの批判を利用しようとしたんですよ。それがこの間の一連の朝日新聞の政治的役割なんですよ。でそういう事によって彼らは、既に現実的に力を失ってきた戦後民主主義体制の彼らの言うところの、戦後民主主義体制、日中友好体制なるものを必死に死守しようとしている。こういう日中友好利権体制というものがですね、72年の国交正常化以来着々と築かれて、その中で欺瞞的な対中国ODA6兆円もの援助が我々ポケットマネーから出て行ったんです。
でそういう事を本当に近年になってやっと問題にされてきたというですね、現実がある。ですから我々先ほども言いましたように、この4つの敵をどう崩していくのか、内部的に彼らを解体してですね、これを変えていくというですね、この戦いをやっていかないとですね、中国に対する戦略的反撃はなかなか出来ないだろうと。

〈独立総合研究所 所長 青山繁晴氏〉

 要は日本の経済界に客観的に「チャイナリスク」というものがどんなものであるか、という事をまざまざと分かってもらう、見せるという事がとても大事だと思うんです。
 皆さん、今ここに九段会館にいますね。歩いて数分の所にイギリス大使館があります。ついこの間イギリス大使館で「日英同盟の再構築」という珍しいフォーラムが開かれているんです。そこにやってきた中川シュウチョク(秀直)さん、今福田政権を支えている一人ですが、この人がやって来て、正に今水島さんが言った事と同じことを言うんですね。挨拶で。中国の経済を日本が支えて豊かにすれば、中国は何れ民主的な国になる、だから日本は支えるんだと仰る。

 でイギリス人たちはそれを黙って聞いたいたんですが、その後に突然、安倍晋三さんがサプライズで来たんですよ。中川さんは招かれて来て、安倍さんは自分で勝手にサプライズで来たんです。それを見たですね、イギリスってやっぱりしたたかな国ですから、青山さん、これは象徴的な光景だよね、と。つまりミスター安倍は病気で辞めたんじゃなくて、中国との経済利益とは違う、例えばインドとの経済利益を作ろうとしたから自民党の中から足を引っ張られて潰れたんであって、引っ張った側がこうやってさっきのように、日中の協力で中国を民主化すると、いうとても信じられない、彼らはハッキリ言いました。とても信じられない話をするんだね、と言ったわけです。

済みません、もう一点だけ。

 これも最近の話なんですが、中東のカタールで「国際戦略会議」というのがありまして、そこで晩飯の時間フリートーキングになった時に、さっき云いましたインドの、インド人民党の要人と会ったんですね。ま、一緒に晩飯を喰いました。で彼らがいきなり言ったのは、「安倍さんその後元気ですか?」と言うんですね。「我々は非常に落胆している」と。と言うのは、ミスター安倍が総理になって、初めて中国のリスクを如何に抑え込もうかとする日本の首相が現れたと。しかも彼らがハッキリと言ったのは、インドの諜報情報、インドのインテルジェンスによると、安倍は病気なんかで辞めたんではない、民主党の為に辞めたんでもない。自由民主党の中から足を引っ張られましたね。(会場拍手)

 僕はこれをインドに言われるのは、正直情けないと思いました。そう彼らに申しました。そう言いましたが、インド人民党の幹部たちは非常に大事なことも言った。非常に大事なことも言ってくれたんです。例えば、「青山さん、インドが核武装したのはまさか表向きに言っているパキスタンとの対立でしたと思っていないですよね」、と言ったんで、「ああ、それは勿論中国の核に対抗するためですね」と言いましたら、インド人民党の首脳の人々は、「ハッキリ言うと、インドパキスタンの紛争を利用して中国の核に対抗するため、堂々と核を我々は持ったんだ」と。だから日本も── 終了
 
※ ✖✖は聞き取れなかった部分です。他、出来る限り忠実に文字にしたつもりですが、誤字・脱字・誤変換など、細かな突っ込みは勘弁してくだせー m(__)m


カエル 因みに、「日本も‥」の後に続く言葉は、何でしょうかね?
 凡その想像はつきますが、福田首相は「クラスター爆弾」まで廃棄するつもりですから、≪国防≫するつもりは全く無いようですね359
 

 
スポンサーサイト

>EntryTime at 2008/06/14 12:50<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。