FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.06.22(Sun)

アイコン名を入力してください 子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って── 絵文字名を入力してください

 



 既にご存じでしょうか? 


 何時もの巡回をしながら何度か目にしたものの、苦手な分野にスルーした話題は、しかし深い根のある「偏向メディア」そのものの体質を表し、黙って見過ごすわけには行かない破廉恥ぶりでした。
 2chを除けばこの事を最初に載せたのが、このJ-CASTのようです。

★毎日新聞英語版サイト「変態ニュース」を世界発信
2008/6/20 以下転載


 「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」

「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターで内実が明らかに」――


 なんと毎日新聞の英語版サイトでこんな驚くべき記事が配信されていた。

 中には「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」という、目も当てられなくなるような「変態ニュース」もある。これらの記事は国内だけでなく、海外のネット上でも話題になっていた。

幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピール??

「Mainichi Daily News」のなかにある「WaiWai」「2ちゃん並というか、2ちゃん以下だな」「毎日ひでえな」

 毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあるコーナー、「WaiWai」が過去に配信した記事に、こんな指摘がインターネット上で相次いでいる。

例えば、07年9月に配信したニュースにはこんなものがある。

 「コックと野獣、ふしだらさとそれを愛する者」と題された記事では、東京・六本木に富裕層向けのレストランが登場したことを紹介。Mなる人物が「実話ナックルズ」という雑誌に語ったというその内容を参考にしているようなのだが、このレストランで、弁護士がメスの豚を獣姦し、のちにそれと同じメス豚が料理としてその後出てきた、という、おぞましい内容になっている。

 さらに、07年7月に配信した「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」という記事では、

 「サイゾーによれば、パールハーバーと南京大虐殺の後継である政府省庁が、テディベアを持ってメイド服を着たかわいらしい漫画の少女キャラクターに日本の防衛策を説明させるようになった。最近では、キワどい幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策をアピールする政府機関が増えているが、そのなかでも防衛省の少女キャラクターはオタクを引きつけている、と同誌は言っている」
と紹介。そもそも「サイゾー」にこんな内容の記事が掲載されたとも思えない。

 「ご批判は謙虚に受け止め、削除しました」
 また「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」という記事では、ファーストフードを食べると神経の中枢のコントロールできなくなりセックス依存症になるなどという説を紹介し、日本の女子高生の性の乱れを指摘。

 「お母さんたちは墜ちていく、成績を上げるために!」では、息子の成績を上げるために息子と性的な関係を勉強前に持つ母親のエピソードが紹介されている。

 これらのすべてが外国人記者の署名入りで書かれていた。約5年近くこうした「変態ニュース」を世界に発信し続け、これが海外のブログなどにも転載されており、まさに「変態な日本人」を世界にアピールすることになってしまった。

 毎日新聞社長室広報担当はJ-CASTニュースに対し、

「ご指摘の英文記事は過去に配信しておりました。ご批判は謙虚に受け止め、削除する措置を取りました」
と回答していている。

 一連の「WaiWai」の記事を巡っては「まとめサイト」まで登場し、毎日新聞社に抗議するよう呼びかけている。そこには、インターネットの匿名性を問題にした同社の『ネット君臨』という書籍の一文を引いて、こんな主張が展開されている。

 「『ネット君臨』も書いている通り、ネットによって『一度つけられた傷は簡単には回復しない』(P76)のだ。日本国全体につけられた汚名に対し、いったい毎日新聞はどのような責任を取るつもりなのだろう」



 この事実の対し、敢然と立ち上がって追及しているのが記事の中にも紹介されている、
毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki
です。リンクしてこれまでの詳しい経過をご覧ください。中には画像・動画なども用意されていて、「毎日新聞」やスポンサーへの抗議も呼び掛けています。


 そして、検索してみるとこれを既に4月から取り上げていたブログがありました。
Mozuの囀-4/24 です。関心を持たれた方は、こちらも合わせてご覧下さい。


 今朝のJ-CASTを見ると、
 
毎日新聞英語版 「変態ニュース」コーナー閉鎖
6月22日7時56分配信 J-CASTニュース

 となっており、しかし「謝罪」や「説明」は行われていません。
 5年に渡り垂れ流し続けたこうした低級な賤しめは、日本のイメージダウンを目論む輩と同じ色、同じ臭気を感じます。 削除して済まされる問題か?!

 こうした記事のソースは事実に基づくものなのか? 全く悪意ある捏造記事なのか? 毎日新聞社は、国と国民の名誉を辱めたのですからその事実を検証し、明らかに元記事を提出して実際あった話なのかどうかを立証させる必要がありませんか。万一嘘八百のデタラメ記事なら、私たち日本国民全ての、名誉棄損に値するものです。

つづきの前に
--------------------

 ついでと言っては何ですが、これも本来避けて通りたいビジュアルに難ありのバーナーを、この際ですので貼っておきます。ご紹介という意味ですから、毎回エントリーに貼るのは“拒否反応”でブツブツが‥?

[NO!YAMATAKU] 

山崎拓を落選させる福岡市民の会

■「反日政治家」山崎拓は福岡の恥だ!
 このウェブサイトは、「山崎拓を落選させる福岡市民の会」公式サイトです。
 支那・北朝鮮のイヌのごとき言動を繰り返す山崎拓を郷土・福岡の恥であると考え、 一日も早く国会から去っていただくために落選運動を行っていきます。この運動は、 全国の有志の声を受け、一福岡市民が自発的に開始するものです。


カエル 地元からですものね‥。応援しちゃいます。
各バーナー・ポスターなどがありますので、枯れ木も山の何とかで、ブログに貼ってみたら如何でしょう?(流石にポスターは‥)



つづきはコチラ 34





 世界各国を対象にした世論調査では、日本のイメージは寧ろ諸外国の中で自慢して良いほど好印象を持たれています。が、それを面白く思わない国が当然存在することは周知の事実ですが、手を変え品を変え、水面下で行われているプロバガンダの効果は、あの「慰安婦問題」のように嘘でも捏造であっても流布され一度誤ったイメージを植え付けてしまうと、それを払拭するのは困難を極めます。

 では、一度気分を変えて昨年春に報道された世論調査。

☆【世界16カ国の世論調査】信頼度、日本が米中上回る
2007/05/30 01:45 共同通信


【ワシントン29日共同】日米中の3カ国で最も信頼できるのは日本-。米シンクタンク「シカゴ地球問題評議会」が29日までに発表した世界各国の世論調査でこんな結果が出た。

 それによると、日本、米国、中国の3カ国を対象に「世界の中で責任ある行動を取ることへの信頼度」を世界16カ国の市民に聞いたところ、「大いに」と「ある程度」を合わせ日本への信頼度は平均46%で、米国(同41%)、中国(同38%)を上回った。

 国別では、日本への信頼度が一番高かったのはインドネシアで76%。オーストラリア(72%)、米国(71%)が続き、16カ国中6カ国で信頼度が50%を超えた。

 逆に、日本を信頼しないとの回答は、「全く」と「さほど」を合わせた平均で43%。韓国が81%と最悪で、中国も79%だった。

 米国への信頼度が最も高かったのはフィリピンで85%。最低はアルゼンチンで84%が信頼しないと答えた。

 中国に対して最も高い信頼度を示したのはインドネシアとオーストラリアで、いずれも59%。信頼しないとの答えはフランスが最高で76%。



 また、東亜の葉っぱ様にあった≪米メリーランド大:世界に「好影響」は日本1位≫(06/2)は、下記のようになります。

■米メリーランド大が世界の約4万人を対象に実施した英BBC放送との共同世論調査で、こんな結果が出た。調査は昨年10~12月に米州、欧州、中東、アフリカ、アジア各地域の33カ国で行われた。質問の対象となった国は日本、米国、中国、イランなど。

▷日本が世界に好影響を与えている -- 33ヶ国中31カ国。 
  好影響⇒平均55%  悪影響⇒平均18%

※ 国別では、中国が「好・悪影響」⇒16%対72%
           韓国          〃     ⇒44%対54%

   反面、「好影響」との回答が多かったのは、
       インドネシア⇒85%
   フィリピン  ⇒79%
   アメリカ    ⇒66%

          ~~~~~~~~~~

 ところが再び警戒しなければならない事実を、管理人が巡回する「博士の独り言」6/21で取り上げていました。

≪韓国政府「ネット工作力」強化≫

> 表題に報じられる韓国政府の「ネット担当官」の設置について、表向きには、同国国民の「民意」の測定・分析に置いているかに映る。だが、その実は、麗水万博(2012年)開催をも視野に入れた、対外的な“独島”“東海”の宣伝工作力の強化の一環であり、表題はその一端を示すもの、と謂えよう。

 朝鮮日報2003年1月9日付記事には、「サイバー民間外交使節団「VANK」に大統領表彰」と題するものがある。云く、『国政広報処は世界有数の地図製作会社を相手に、東海(トンへ)を日本海と併記するよう誘導した功労を称え、サイバー民間外交使節団の「バンク(VANK)」に対し、10日、大統領表彰を授与すると9日発表した』と。現況からなぞれば、なるほど、「そうだったのか」と思う。通算3度の大統領表彰や韓国国会大賞、韓国観光大賞等を受賞しているという。

「VANK、全世界の教科書是正運動に着手」の記事には、

 同記事には、さらに『VANKは、「全世界の学生の韓国に対する認識を形成させる外国の教科書に、東海(トンへ)を日本海に、また韓国を中国や日本の属国で貧しい農耕国家に記述している」とし「こうした教科書の間違いを指摘し、韓国を正確に理解するために必要な資料を伝え、大々的な改善を求める計画」とした』と記されている。

 一連の朝鮮日報の記事は、韓国の「こけおどし」とも読める。日本人の常識尺度からすれば、まさか、このような工作集団が実在し、「大統領」までがその活動を幇助している、とまでは思い難いのではないか。だが、その常識を超えた「非常識」。世界の「非常識」が「韓国の常識」と認識すれば、一連の事の次第が分かり易い。<

---

全世界の学生の韓国に対する認識を形成させる外国の教科書に

‥って、普通こんな大胆(非常識)な発想は、しないでしょ。それも国を挙げて行う姿は、本当にお隣たちと生き写しに見えます。 

なんでも都合の良い様に加工修正したがる‥


 歴史を消し、現在ある姿さえ変身させて、まったく「違う国」になりたいのでしょうか?

 思うのですが、何故こうした特定国は国際法のルールや規定、常識をこうも無視して自分勝手に振舞えるのでしょう。
「やった者勝ち」「言った者勝ち」で手に出来るものがあったとしても、その為に失う世界の「信用」や、醜く惨めで幼稚な謀略に眉を顰め、世界先進国から「下品」だと顰蹙をかってしまうことの方が、もっとマイナスだと思うのですが、これが日本人故の発想なのですよね。 ヨカッタ‥日本人で 237353

 では、どうしても認めたくない過去があるようですから、少し歴史のお勉強でもよろしかったら‥。

 今日のお勧めは、ブックマークにもある「きままに歴史館」です。
この中から、見て分かり易い一部をご紹介します。
※「きままに歴史館」からは目次にリンクします。 

≪明治開花期の日本と朝鮮(9)≫

南大門1888
南大門(崇禮門)1888年当時

西大門1888
西大門1888年当時 (どちらもpop-upでどうぞ)

日本人が見た朝鮮国の風俗・風景 - 明治9年(1879年)

・京城に至る道路事情
・井戸・泉水について
・宿泊、休憩施設
・糞と牛骨が散乱する王城市街

・etc.
他にも貴重な画像と共に生活の状況を記録してありますので、ブックマークをされて今後にお役立て下さい。

スポンサーサイト

>EntryTime at 2008/06/22 16:23<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。