welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.06.24(Tue)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

 





 ご存じのない方は、このバーナーを見て拒絶反応を示す方もいらっしゃるでしょうね。

 なんだか難しそう‥

 政治とか、法案とか、考えたってどうしようもないじゃん!

 こんなこと、政治家に任せておけばいいんだよ!

…なんて、思ったりしませんか?


 管理人も(いい歳をして恥ずかしいのですが)、
以前はそんなタイプでした。

 例え関心を持っても(…国民に何が出来るの?)

そんな先に諦めの〈他力本願〉。
そして、政治なんて遠い遠い世界の事のように思っていました。

 でも、現在はまだ短い期間ですが何度も言っています。

 

この国が危ない!って…

 

穏やかな言葉ではないですよね。

何言ってんの、このオバサン── って~ 救急車ピーポー病院 注射チクッ

ナ・何とでも言って下さい‥。

でもこれだけは見て行って下さいネ! m(__)mペコリン




はい、これで何んとなくでも分かったような気がする方で、もっと知りたいと危機感を持たれた方は、30 こちらをどうぞ

因みに、
☆「人権擁護法案ポータルwiki」
には簡単で詳しくこの事が説明されています。

決して他人事ではない!あなたやあなたの家族、そして子供たちの将来未来に関わることです。いいえ、この法案を現在進行形で推進している国会議員たちが大勢いるのですから、この秋、来年、どちらにしても国会に通してしまったら、私たちの生活は激変してしまいますよ。

 例えば、このようなblogは書けなくなります…12アア‥263

 そして、20日に開かれた「人権問題等審査会」での模様が、産経新聞阿比留瑠比記者のblogで紹介されていますので、反対する稲田議員推進する大田会長との迫力あるやり取りなど、どうぞリンクしてご覧下さい。


☆「国を憂い、我とわが身を甘やかす」
08/6/22

追加:本日の読売新聞


◆迷走人権擁護法案、自民党内に激しい対立

2008年6月24日02時05分 読売新聞

>人権侵害に対する救済措置などを定める人権擁護法案は通常国会でも提出が見送られた。

 2003年の衆院解散に伴い廃案になって以来、何度も提出が検討されたが、自民党内の激しい意見対立に阻まれ、先行きは全く不透明だ。<


          ~~~~~~~~~~

カエル
 今回は見送られた、と言っても太田会長のバックには野中広務氏や二階氏が控えているこの法案は、キッパリ・バッサリ廃案=絶滅させなければ、まったく油断が出来ません。故に別名「ゾンビ」と言われる法案は・・・・・ピィーとピィー・ピィー(ウルサイ359) この他には「外国人地方参政権付与」法案も民潭主導で求めていますから、セットで通ってしまえば「移民化計画」1000万人も、国費留学生100万人も大威張りで進められるでしょう。そして──ここからは想像力です!

 でも、この二法案の推進派と反対派がハッキリと分かれているわけですから、選挙には分かり易い分類だと、思う管理人ですが…

 

スポンサーサイト



>EntryTime at 2008/06/24 15:17<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。