FC2ブログ


    welcani1.gif
憂えるだけでは、嘆くだけでは何も変わらないこの国。 子供たちへの「ゆずり葉」となるために、現在を見つめ直すひとりごと。

 子どもたちよ これは譲り葉の木です。 この譲り葉は 新しい葉が出来ると 入り代ってふるい葉が落ちてしまうのです。  こんなに厚い葉 こんなに大きな葉でも 新しい葉が出来ると無造作に落ちる 新しい葉にいのちを譲って──  子供たちよ お前たちは何を欲しがらなくても 凡てのものがお前たちに譲られるのです。 太陽の廻るかぎり 譲られるものは絶えません。   輝ける太陽も そっくりお前たちが譲り受けるのです。  読み切れないほどの書物も みんなお前たちの手に受け取るのです。  幸福なる子どもたちよ お前たちの手はまだ小さいけれど──    世のお父さん、お母さんたちは 何一つ持ってゆかない。  みんなお前たちに譲ってゆくために いのちあるもの、よいもの、美しいものを 一生懸命に造っています。  今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... 


麻生首相バーナー 

■麻生太郎首相:平成21年年頭所感

未来を創るのは、私たち自身です。

日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。


受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。



■首相官邸:第171回国会における麻生内閣総理大臣施政方針演説 (平成21年月21日)


1.目指すべき社会
〈安心と活力ある社会〉より、一部抜粋

 現在の豊かで安全な日本は、私たちが創ったものです。未来の日本もまた、私たちが創り上げていくものです。
 過去二回そうであったように、変革には痛みが伴います。しかし、それを恐れてはいけません。

 暗いトンネルの先に、明るい未来を示すこと。それが政治の役割です。
 良き伝統を守り発展させる。その為に改革する。それが、私の目指す真の保守であります。

 私は、世界にあっては「新しい秩序創りへの貢献」を、国内にあっては「安心と活力ある社会」を目指します。


**********

■麻生首相:ダボス会議にて麻生総理講演(1/2)



矢印↓ 矢印↓ 矢印↓
■マスコミが隠す麻生太郎

■麻生政権の実績




--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



>EntryTime at --/--/-- --:--<
2008.06.28(Sat)

はーと 「ゆずり葉」~下~はーと   今、お前たちは気が附かないけれど  ひとりでにいのちは延びる。  鳥のようにうたい、花のように笑っている間に  気が附いてきます。  そしたら子供たちよ、  もう一度譲り葉の木の下に立って  譲り葉を見る時が来るでしょう。..... はーと

  

 午前中には目にしていた記事でしたが、至極尤もな「正論」を述べた下関教育長の元には、総連が動員した抗議メールや苦情などが殺到しているとのこと。
 そこで緊急にアップして、少しでも早く、少しでも多くの方に応援していただきたく思い、あちこちからの情報をコピペします。


 まず、下記の記事から

==引用開始==

◆植民地支配「史実に反す」  下関市教育長が発言


 山口県下関市の嶋倉剛教育長が、教育補助金の増額の陳情に訪れた山口朝鮮学園の関係者に対し、戦前の日本の朝鮮半島の植民地支配について「歴史的事実に反する」と発言していたことが27日、分かった。

 下関市教育委員会や同学園によると、学園関係者は26日、嶋倉教育長に対し「植民地支配により日本に渡航せざるを得なかった朝鮮人子弟が通っていることを踏まえ対応してほしい」と要望。教育長は「植民地支配という部分は歴史的事実に反するので受け入れられない」と述べたという。

 嶋倉教育長は27日、取材に対して発言内容を認めた上で「教育行政と歴史の話は関係なく、持ち出すのはルール違反だ。日朝併合の部分をどのように表現するかは自由だ」と話した。

 下関市は歴史的に朝鮮半島と密接な関係があり、韓国・釜山市と姉妹都市関係を結ぶなど現在でもつながりが深い。

2008/06/27 13:17   【共同通信】

==引用終了==

 この嶋倉教育長の「正論」を各ブログが取り上げ、支援しています。

地方議員100人で作る「草奔崛起-PURAD OF JAPAN」6/28には、こう書かれていました。

>この嶋倉教育長は5月に文部省から着たばかりの、まだ若干44歳の若手だそうです。新たな時代を感じさせる人材ではないでしょうか。

いつまでも牢固とした歴史認識を振り回す在日の人たちに見事な一矢を報いた勇気ある教育長に満腔の激励の気持ちと支援の声を届けていただきたいと存じます。<



福岡で「在日特権」や「同和問題」に取り組んで頑張っていらっしゃる「なめ猫♪」様のメールを取り上げていたのが「反日議員を落選させる会」で、こちらからコピペします。

----------

各位様

福岡の近藤です。

山口県下関市、全国的に有名なフグが美味しいところです。ー福岡県北九州市とは関門海峡を挟んでお隣同士ですがー下関市の教育長が植民地支配について「歴史的事実に反する」と朝鮮総連の洗脳組織「朝鮮学校」関係者に発言したとのいことです。

下関は北朝鮮への密輸が盛んな(!)ところですが、朝鮮人の多いコリアン地区があるところで、市は当然のように朝鮮学校に通う子弟のためにと称して補助金を支出しています。

何かといえば植民地支配といいますが、あくまで「併合」であって欧米の植民地支配の構造と違うのですが、差別問題と絡めて、日本からカネをとる格好の手段になっています。

そもそも、在日朝鮮韓国人の少なくない・大半が密入国で不法に日本にきた者たちであることはどのように考えるべきなのでしょう。

福岡でも九州大学医学部近くの某地区は在日の砦と化していました。

そもそも、朝日新聞自身がこのようにかつて報道していました。

大半、自由意志で居住 (朝日新聞 昭和34年/07/13)

外務省、在日朝鮮人で発表
戦時徴用は245人

在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。

これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、そのうち戦時中に徴用労働者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。

一、戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。残りの30万人は大部分工鉱業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令によるものはごく少数である。

 また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間であった。

一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配船、個別引き上げで合計140万人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基く北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。

現在、登録されている在日朝鮮人は総計61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者を除き、自由意志によって残留した者である。

***

元文部科学省の官僚だった嶋倉剛教育長。まだお若い方のようです。

下関市教育委員会・山口県教育委員会へ激励の声を届けてまいりましょう(山口県教委は、地教委とは上下関係に法的にはないが、指導行政の関係で(下関市教育長に)圧力をかける可能性があるため)。

そして補助金もカットするように要望していきましょう。

あて先
江島 潔 市長
島倉 剛 教育長

下関市役所のHP

http://www2.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/www/toppage/0000000000000

山口県教育委員会
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a50100/y-edu/y-edu-top.html

追加:
「義によりて勇を馳せる、保守派へ」-6/27様よりのコピペ
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/623732/

応援電話先:下関市教育委員会
下関市教育委員会 750-8521 下関市南部町1-1 0832-31-1111
抗議先:広島朝鮮学園
電話 082-261-0028
掲示板を抗議の声で埋めよう!!
http://hiroshima-corea.5.bbs.fc2.com/

<朝鮮学校特権>
平成15年、地方自治体は9億1000万円も補助金を出す。
朝鮮学校の保護者に対し、東京23区で一人当たり年間6万6000円から19万2000円、補助金が、、
更に、産經新聞によると、休校中の学校にも補助金が出ている!!
それでもって、反日民族教育を実施!!
これでも、朝鮮学校に補助金出しますか?
(数字は嫌韓流2より)

---------------

そして続報──


◆植民地支配 認識に溝/下関市教育長発言

2008年06月28日

長くなりますが、嶋倉教育長が述べた要旨と下関市内で使用されている教科書の記述(抜粋)を【追記】に載せましたので、合わせてご覧下さい。

つづきはコチラ 34



◆嶋倉教育長 発言の要旨


  嶋倉剛教育長が朝鮮学校関係者との面会や記者会見で述べた要旨は次の通り。


  いまの話で植民地支配と言うことに部分については歴史的事実に反しますので、それは私の方からそういう形では受け入れられない。植民地支配だということを前提に、そういう日朝併合の部分をいかにいうかは自由です。それを植民地支配だったと事実関係を変えて語ったんでは全然、事実関係は進まない。そこの部分は日朝交渉でちゃんとやっていただければいい話。そこの部分がどうだったか、皆さん方の教育に対してどのような影響があるのかは議員連盟の方でちゃんと話をしてほしい。(26日、朝鮮学校の保護者側の発言を受け)


  併合は植民地だという意識はない。(併合は)対等だ(27日午前、記者会見)


  私は26日の(助成の)要望において相手から筋違いのお話が突然出されたため、その話に立ち入ることを否定する発言を行った旨を説明したものです。私は当然のことながら下関市の教育行政を行うにあたり、政府の見解を尊重するものです。(27日午後、報道各社へのコメント)


--------------------------------


  ◆下関市内で使われている教科書の記述(抜粋)


  「日本は韓国の植民地化を進め、陸軍・海軍の軍備を増強させるなど、帝国主義国としての動きを活発にさせていきました」「1910年、日本は韓国を併合して、植民地としました(韓国併合)。朝鮮総督府をおいて支配を開始し、韓国を朝鮮と改め、首都漢城(現在のソウル)も京城と名をかえさせました」
 =「社会科中学生の歴史」(帝国書院)


  「日清戦争ののち、台湾を植民地とした日本は、日ロ戦争後、朝鮮(韓国)を支配しようとしました。朝鮮の人々の抵抗を軍隊がおさえ、1910年(明治43年)、朝鮮を併合しました(韓国併合)。植民地の学校では、日本語の教育を受けることになり、朝鮮の歴史は教えられず、民族のほこりを大きくきずつけられました。土地の制度が変えられ、その結果、多くの朝鮮の人々が土地を失いました」
 =小学校の「新編新しい社会6上」(東京書籍)

          ~~~~~~~~~~

カエル ッたく、何でしょう、この教科書は!

 言いたい事は山ほどありますが、長くなりますのでそれは次の機会にしましょう。 

 

スポンサーサイト

>EntryTime at 2008/06/28 21:34<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。